スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メタボ すぴさん
白内障の記事で書いた通り、すぴはお腹に
脂肪がついた メタボと診断されました。
(治療が必要なほどではなかったのですが)
その原因には心当たりがあります…。
その頃毎日のシードに、少しだけカナリーシードを
足していたのです。

すぴの調子が悪そうな時、足やフンがひんやりして
体温が下がっていそうなことがありました。
(そんな時には即ゆたぽんで加熱
前々から、すぴさんは普段は(たぶん)少食なので、
体温を維持しにくいのかなと思っていました。
大好きなカナリーシードを少し足してあげると食欲が増して、
タンパク質の多いペレットの食べる量も増えるので
それで体温が上がるのではと、様子を見ていたのですが…。

確かに、こちらに飛んできて着地するときの衝撃が
「ずしっ」と心持ち強くなったかな〜と思っていました。
デジタル体重計で量ると以前は24gだったのが25gに。
(たまに26gもちらちらふれるので、26g寄りの25g)
小さい体なので、たった1gでも大きな違いです。
まさか、見えない所がそんなことになっていたとは…orz

それ以降はカナリーシード増量をやめ普通に戻しています。
今でも体重は25gですが、26gはふれないので
少しはやせたはず…たぶん。

って、人(鳥)のことを心配してる
場合じゃない
わけなんですけどもね…

spc0912.jpg
すぴさんの視線がいたい

涼しくなったら、ウォーキングを再開しよう…

ところで…
ドバトは細かいコトを気にしないので、
ハーネスを着ける事ができるのだそうです。(!)
一緒に外出することも可能なのだそう。
(もちろん、その子の適性もあると思います〜)

spc0909.jpg
ハーネス着用例(うずらさんのとこの涼太くん)

ブンチョには無理そうですが
もし鳥と一緒にお散歩できるなら、
毎日どこまでも歩いてしまいたくなりそうだ〜。


にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ


関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。