スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年のまとめ
2009年のまとめで「小人のような存在感」と
書いたのですが、昨年はさらにそれが進み
人間っぽさがアップ。目と目が合うとお互いに何を
考えているのかわかってしまうようなツーカーぶりに。

秋に6歳を迎え、風貌に貫禄が出てきました。

spc0836.jpg
2歳の頃のあどけない表情のすぴ

spc0837.jpg
現在すっかり(旧)宍戸錠化

つい敬称をつけて呼びたくなってしまいます。

体調面は、夏の酷暑は寒がりの すぴ にとっては良かったようで、
今までで一番安定していたかもしれません。
常設のエサに少しだけカナリーシードを足して
食事量が増えたせいもあるかもしれません。
体重は以前の24gが25gになりました。
ただ、バードバスにこもる癖がついてしまい、
気がついた時には追い出しているのですが、
長時間こもっていた場合には体が冷えて
放鳥中に嘔吐動作が出てしまう事もありました。
(原因不明の嘔吐動作ですが、やはり寒さと
関係しているのでは…と思っています)

癖と言えば「尾羽ぶっちぎり」がさらに
ひどくなり、時々羽軸を曲げてしまい、
翼の先も齧るようになってきてしまいました。
ケージから出してもらえないストレスで
そうなってしまうようです。

もうひとつの癖、それはやはりストレスで
爪も齧るようになったこと。でもおかげで
私のちょー苦手な爪切りをする必要がなくなりました。
以前は前指の爪だけだったので、後ろ指の爪だけは
爪切りで切っていたのですが、2010年は後ろ指も
齧るようになり、いつもきれいに短くそろっています。
(ただ、齧った爪は先が鋭いので
顔に乗られたりするとすごく痛いのだ。)
とはいえ、ストレスが原因となると…。

なるべく出すようにはしていますが、
放鳥中は気が抜けないのであまり長時間は
無理なんだよな~(涙)
今年はストレスの軽減が課題ですね…。

spc0838.jpg


にほんブログ村 鳥ブログへ

関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。