スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クチバシ受難(4)
つづきです。

いつものようにすぴの顔をじっと見ていると、
どこかなにかが違うように思えた。
「なんだろ?」とじ~~~~~っと観察すると、
ちゃんとクチバシが閉じていないように見えた。
クチバシの形が変わっている!
下クチバシの方が少し前に出ていて、合わさる部分に少し
すき間が空いている。

spc0781.jpg
また写真を撮り忘れてしまいました

これは老化で下クチバシが変形してきているのか?
もともとすぴは換羽障害があるように、
新陳代謝のサイクルがあまりスムーズではない。
ペレットを与える前にははばきが出たこともある。
下クチバシが伸びすぎてしまい、
うまく噛み合わなくなってきている?
そしたら定期的に病院に通わなくちゃ
いけなくなるのかな…などいろいろと考え
ドキドキしながらすぴを見ていると、
またなにか違和感を感じた。

またまたじ~~~~~っと観察すると、
…気付きました。
よく見ると、上クチバシの白い部分が削れて
ほとんどなくなってる!
これは下クチバシが伸びているのではなく、
上クチバシが削れすぎてしまってるのです!

思い当たることといえば「あれ」しかありません。
つぼ巣です。

spc0744.jpg

つぼ巣をつけて2ヶ月くらい経っていましたが、
昼間はずっとつぼ巣に入っているようになっていました。
だいたい入り口の方でおなかをつけて寝ていることが
多かったようなのですが、中の方に入り込んでゴソゴソ
しているのもよく見かけました。
そこでつぼ巣のワラをカミカミカミカミしすぎて、
上クチバシがごっそり削れてしまったようなのです!
そのため、つぼ巣の中には細かいワラくずがいっぱい
入っていました。ここ数週間の間に、カミカミに熱中する癖が
ついてしまったようです。

それにしてもクチバシにすき間が空くほどカミカミするとは、
自分で限度がわからないものなのでしょうか



にほんブログ村 鳥ブログへ


関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。