スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会いに行った鳥さんたち(1)
昨年は、いろんな鳥さんに会うことができました。
まず1月には「あおいそらに菜の花」のきしかんさん宅。
(その時の記事はこちら)
そして3月には「文鳥Cafe」の寺ピンさん宅に伺いました。

私は今まで良く慣れた1羽飼いのコしか会ったことがなく、
複数飼いの文鳥さんが人間に対してどんな風に接してくるのか
興味津々でした。

寺ピンさんのお宅には、とり部部長の尾上さん、
きしかんさん、私の3人で伺いました。
寺ピンさんのお宅には、文鳥がなんと12羽!
スチールのシェルフにカゴがたくさん入れられており、
そこに1羽ないし2羽(ペア)ずつ入っていました。

spc0737.jpg

たくさんのかわいいブンチョを目の前にして
「…これは夢?」と浮き足立つ私。
ケージは手が行き届いていて、個々の鳥に合った環境になっており
寺ピンさんがとても大事に飼われているのが伝わってきました。
(それに比べるとうちはアバウトだ…)

spc0739.jpg
突然のお客さんにビクビクするゆずちゃんとクルミちゃん

spc0740.jpg
思わず目が釘付けになった美文鳥ノエルちゃん

ケージから何羽かずつ出して頂き、ご対面。

spc0741.jpg
高い所からこちらの様子を伺っているご夫婦キャラメルちゃんとロールちゃん

最初は少し警戒されていましたが…。

spc0738.jpg
お客さんみんなに愛嬌をふりまくあずきちゃん(撮影:きしかんさん)

フレンドリーなあずきちゃんが仲良くしてくれて
他のコ達も近づいてくれたような気がします。

spc0742.jpg
おhentaiきしかんさんにニオイをかがれているキャラメルちゃんと
それをガン見するロールちゃん


多頭飼いだと、文鳥同士の社会ができて
人間に対しては1羽飼い程には慣れないのかな?と
予想していたのですが、短い間ですが寺ピンさん宅の
文鳥さんと接してみて、個体差が大きいように思いました。
(良く懐いているのは、きっと寺ピンさんが
大事に飼われているせいもあると思いますが。)
文鳥って個性が強いんだなあ…。

夢のような時間はあっという間に過ぎて、
すっかりブンチョに癒されて家路についたのでした。
寺ピンさん、貴重な体験をありがとうございました!

お宅訪問はまだ続きます。


にほんブログ村 鳥ブログへ

関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。