スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クチバシ受難(2)
間が空いてしまってすみません
つづきです。

その日、テレビをつけて私はパソコンに向かい、
夫は横になりながら本を読み、すぴにまとわりつかれていました。
やがておっとが立ち上がろうとしたところ、膝がテーブルに
「ゴン」とぶつかり、その音にすぴがびっくりして飛び出し、
いつものようにケージに向かったはずが、
和室のふすまに勢いのあるまま「バン!」とぶつかり、
どこかに落ちてしまったのです。

和室にはたたんでいない洗濯物が山になっていて、
その中のどこかにいそうなのですが、
洗濯物を動かしてさらにびっくりさせるとまずいと思い、
「すぴ!」と呼びかけましたが、返事がない。
「すぴ!すぴ!」と何度呼んでもまったく音がせず、
後頭部がさーっと冷たくなりました。

すぴの落ちた場所を予測して、その辺りの洗濯物の下の方を
そっと見てみると、すぴがショック状態で
表情なく固まっていました。
指を差し出すと無言で乗って来て、「大丈夫?」と話しかけながら
どこかに異常がないか観察すると、クチバシの左の鼻の穴の
下あたりが、2mm×3mmくらい薄く削れて白いものがついており、
出血はないものの削れた面がジクッとしていました。

spc0780.jpg

やがて「ピャッ!」と鳴いて動き出し、体をよく見てみましたが
どうやら骨折および羽や足を痛めたりということもなさそうだし、
パニック発作も起こしていなかったので安心しました。
それ以降はまったく普通の様子でしたが、
念のため水浴び器を撤去しました。
もしぶつかったのがふすまじゃなかったら、
下に洗濯物がなかったらと考えると…やばかったですね

しかしなぜこんなにすぴはびっくりしたのでしょうか。
長くなるので続きます。


にほんブログ村 鳥ブログへ

関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。