スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心配ごと…つづき
日ごとに成長著しいすぴ。
お気に入りの場所で「グジュグジュチュルルルチュルルピー」と
ぐぜりの練習をし、私の手に反応してピョンピョンはねることから、
オスとほぼ断定。

こちらの言うことをわかっていながら聞かず、自分の意志優先。
自分に向かってくる物には相手構わず「クルルルルル!」と威嚇。
このように、りっぱな文鳥の若鳥へと成長しているようです。

でも、相変わらず朝晩に1回づつくらいくしゃみをする。
普段はいたって元気なのだけど…。

文鳥の病気に詳しいと有名なアニファの飼育本を見ると、
なんだかどんどんなにかの病気のような気がしてきてしまう。
そんな私の様子を見ておっとは、
「育児本読んで心配してノイローゼぎみになってる
新米母そのものだねはははは」
と笑っております。
いいです。あなたのネタは握ってますから。おぼえとけー。

でも、購入当時ショップからわが家に移った時の
ストレスの大きさを考えると、病院への移動や
診察でどんな影響が出るか心配でしょうがない。
人間不信でビクビクした鳥になったらどうしよう。

病院…行く?
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。