スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すぴの朝
すぴの一日は夜明けとともに始まる。
東に面した窓の障子が明るくなってくると、
まず「ピッピューイ♪」という最初の歌が聞こえて来る。

spc0581.jpg
朝のすぴ イメージ画像

しばらく経って、もう少し長いフレーズの2曲目が。
「ピョピョピョッ、チーイ!
プッチーヨ、プッチーヨ、プッチーヨ!」
そしてこの歌で感極まると、ガッシャーンと
ブランコをどつく。
ブランコが大きな音を立てたことにハラを立てたのか、
「キュルルル!」と怒った声がする。
すぴさんは今日も元気なようだ。

そして、先日の記事にも書いたように、

タタッと止まり木を移動し、ケージの側面にシャンッと
飛び移り、そのままスーッと下に降りて
チャッとプラスチック製のエサ入れのふちに止まり、
プチ…プチ…とエサをついばみ始める。

実はこの時点でもすぴの頭はぼんやり夢うつつ状態である。
今まで何度か「あ、起きたんだな」と思い
朝の挨拶に行ったことがあるが、
まだうす暗い中、エサ入れの所から
不思議そう~な顔 �������̐��ʊ�でこちらをジーッと見ているのである。
いつもなら、私の姿を見たとたんに動きがせわしなくなり、
「ピャ!ピャ!」と鳴いて「遊んでー!」と
強くアピールしてくるはずなのである。
ケージのそばに寄り
「すぴ、おはよー、ごはん食べてたの?」
などと話しかけていくと徐々に意識がはっきりしてきて、
「ピャ!」とひと鳴きして止まり木に飛び移り、
まじまじとこちらの顔を見て「あ、akiだ」と認識し、
やっと元気よく「ピャ!ピャ!」と呼び始めるのである。

挨拶に行かずにそっとしておいた場合は、
ぼんやりした頭のまま、エサ入れのふちで
時々居眠りをしながらエサをついばんでいるようだ。
ある程度満足すると止まり木に戻り、二度寝に入る。
しばらく寝るとまた歌を歌ってエサを食べに行き…を繰り返して、
だんだん意識がはっきりしてくるようだ。

たぶん、夜の間におなかが減って、
まだ頭は寝ている状態だけれど
「なにか食べないといけない」という本能だけで
動いてるんだろうなあ。
エサ入れの所から「あんただれ? �������̐��ʊ�」とボーッとした顔で
こちらを見ているのがおもしろいのです(笑)



にほんブログ村 鳥ブログへ

関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
すぴちゃん可愛いですね!(^^)
でも「ブランコをどつく」って、どうやるんでしょう?^^;

うちも以前から小学生の息子が手乗り文鳥を欲しがっていたので
去年の11月に2羽の雛を買ってきて育ててました。
世話は主に息子がしていたのですが、私にもよく懐いてくれてたんですよ。
ところが、今年のGWに1羽が原因不明で急に落鳥しました。(泣)
息子も私も本当に悲しみましたが、残った1羽をそれまで以上に可愛がって愛する事で
心の傷を癒してきたんです。
なのに…昨日、残っていた子がほんの一瞬の隙をついて逃げ出してしまいました。(号泣)
羽も切ってたので、そんなに遠くへは行けないと思うのですが
いくら探しても見つかりませんでした。
息子と2人で泣きながら探し回って……。
こんなに後悔するくらいなら、もっともっと気を付けてなきゃ駄目なんですよね。
飼い出して1年も経たないうちに、2羽ともいなくなってしまうなんて……。
私は、飼い主としても母親としても失格だなぁとつくづく感じた1日でした。
初投稿なのに、暗い話を長々と書いてしまって、本当にごめんなさい。<m(__)m>
またお邪魔させてもらってもいいですか?
2008/07/16(水) 00:43:42 | URL | けんと #hqr9.xQk[ 編集]
>けんとさん
初めまして、書き込みありがとうございます。

可愛がっていらした鳥さんが逃げてしまってショックですね。
お気持ちお察し致します。早く帰って来てくれるといいのですが…。
庭やベランダに使っていたケージを置いておくと、
近くにいた場合に見つけて寄って来てくれるかもしれませんので、
お試し下さい。

またいらしてくださいね。
2008/07/16(水) 23:35:46 | URL | aki(管理人) #k37IMsc6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。