スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すぴ in つぼ巣・3
すぴは大変怖がりで慎重な性格のため、
見た事のないもの(素材)には心を許さないが、
すべての文鳥がそういうわけではなく、
やはり性格によるものが大きいようだ。

前飼い鳥のビーが鏡付きブランコに出会ったのは
3歳くらいの時だったが、3日ほど警戒したけれど
その後はベッタリ。鏡の中の自分に愛のダンスを捧げ続けた。
ビーだったら止まり木にも箱巣にもすぐに興味を
示して遊び場にしていただろう。
ビーとすぴ、どちらの性格の子が多いのかな。

さて、すぴ vs つぼ巣。
やはりというかなんというか、
狭くて暗い所には発情している時ほど心ひかれるようだ。
換羽の時期になると見向きもしなくなるので、
その時期は避けて徐々につぼ巣に慣らしていった。

8月の中旬から始まった換羽が先日終わり、
再び放鳥中につぼ巣を出すようにしてみたところ、
前より大胆に中に入るようになった。

spc0529.jpg
なにかを思い出しかけているすぴ(かも)

あ~…そういえば昔、こんな風につぼ巣に入って
いた頃は、まだ背中にグレーの羽がいっぱいあって、
アイリングの色も薄くて、クチバシも可愛いピンクで、
いつもクルクル怒ってて、なにするかわからないから
目が離せなくて…って、

私が遠い過去の記憶を取り戻してどうする。



しつこくつづく。


にほんブログ村 鳥ブログへ
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
つぼ巣
すっかり中に入るようになったんですね。
つぼ巣って手を入れると
ほんのり暖かいんですよね。
本来文鳥さんは、つぼ巣で寒さを
しのいであげると良いんでしょうね。
でも、すぴちゃん、なんて敏感なんでしょう。
素材が違うだけで警戒度アップ!?
我が家の銀も、それなりに恐がりですが
どちらかと言えばピーちゃん寄りなのかしら。
2007/09/29(土) 15:32:35 | URL | macoot #YqzQT8Bs[ 編集]
>macootさん
この記事の下書きをしたのは少し前なのですが、
また換羽のきざしが出てきて、入らなくなって
しまいましたv-356
銀ちゃん雪ちゃんは文鳥同士でいろいろと探検して度胸がついてるのかしら?
怖がりは一人っ子の弊害でしょうか…(笑)
2007/09/30(日) 23:05:31 | URL | aki(管理人) #LTZ/BdNY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。