スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文鳥がどどーん
名古屋で発行されているフリーペーパーに
文鳥が載っているというAKKOさんの日記を読み、
どうしても欲しくなってしまい送って頂きました!

そのフリーペーパーは「Po・pet」という
ペットの情報誌で、A4サイズの表紙にどどーんと白文鳥が!!!
むっちりとした美文鳥が赤いバックに映えます~

白文鳥完太郎くんの闘病日記と、弥富紀行が載っています。
闘病記は最後、悲しい結末になってしまいましたが、
飼い主由希さんの強い愛情が伝わってくる記事でした。
弥富紀行では弥富文鳥組合(←この字面がもうたまりません)の
組合長さんの「昔はペットと言えば文鳥でした」というお話が
気になりました…!いつぐらいの話だろう?
私が子供の頃、小鳥を飼っている家は多かったけど、
私が見かけたのはジュウシマツ・セキセイインコ・カナリヤとかで、
文鳥にめぐりあうことはなかったのです。
たまたまそうだったのかな~。(その頃出会っていたら…!)

さっそくすぴもご対面。

spc0467.jpg
キミ、でっかいね~

「Po・pet」のサイトはこちら。
http://www.popetnet.com/
ブログでは完太郎くんの記事が読めます。

AKKOさん、どうもありがとうございました!
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
一番最初に飼ったのも
私は文鳥でした。
お友達が飼っているのを見て 5年生ぐらいの誕生日だったかな?父におねだりして買ってもらいました。
その文鳥の名前はピーコちゃんでした。
長生きで10年以上生きたんですよ!
でも確かに多かったのはセキセイインコやカナリヤだったような・・・
2007/02/24(土) 20:44:20 | URL | こやママ #WwuBAvCM[ 編集]
昔、って、やっぱり私子供だったときかな~(笑)私は犬が大好きだったので、犬しか目に入ってなかったの。(当時はほとんど雑種犬)だから、小鳥飼っていた子のことは覚えていないな~。竹カゴが縁側とかに下がっていた家があったような気がしますが、中に何が入っていたやら?あ、鶏が庭にいた家もあったよ~。
それにしてもすごい写真ですねぇ。すぴちゃんのほうがう~んとかわいいよ!
2007/02/24(土) 22:14:12 | URL | min #Zk/lHUeI[ 編集]
あっ、このフリーペーパー、うちも送っていただきましたよ。
文鳥のアップが雑誌の表紙になるなんてそれだけで貴重ですよね~
こんど文鳥村に行ってみようかと相方と話しています^^
2007/02/24(土) 22:20:29 | URL | taco #-[ 編集]
すごい、ドアップ。。。!
見てみたいけど。配ってるとこはドッグカフェetcですか。。。ん~‥↓
時代劇とかで、お金持ちの家のペットは文鳥ですよね、って遡りすぎでしょうか^^;

ブログも見てきました!
2007/02/25(日) 19:46:09 | URL | カーコ #BaVqJGy6[ 編集]
>こやママさん

昔から文鳥好きだったのですね。
私も自分で文鳥を見ていれば忘れないと思うので、
やっぱり友達や近所の家では飼ってなかったんじゃ
ないかと思います。私の周りではジュウシマツが
人気でしたよ~。(教室でも飼っていました)


>minさん

すぴをお誉めくださりありがとうございます!
犬がお好きだったんですか~。私は猫が好きでした。
(結局飼う事はなかったんですけど)
たしかに昔は鶏飼ってる家も多かったですね。
長く地元に住んでて庭が広い家は鶏がいたような…。
そういえば朝に「コケコッコー」という声も
ずいぶん聞いていません。


>tacoさん

おおっ、やはりこのフリーペーパーは文鳥業界(?)では
有名だったのですね。良く知らない人にはでっかい
鳥だと思われてたりして…(笑)
文鳥村に行かれたらぜひブログでレポートをお願いします~


>カーコさん

文鳥がこのぐらい大きかったら面白いですね(笑)
フリーペーパーはPo・petの編集部にお願いすれば
無料で送ってくれるそうですよ。
確かに時代劇には文鳥が良く出ていますね。
昭和初期に小鳥ブームがあったそうですが、
組合長さんはそのことをおっしゃっているのかなあ~。
2007/02/25(日) 21:05:01 | URL | aki(管理人) #k37IMsc6[ 編集]
デッカイ鳥小屋
私が小学生の頃、実家の庭にとても大きな鳥
小屋がありました。(横2m×幅1.5m×高さ2m
だったかな~??!うろ覚え)
カナリヤ、ジュウシマツは勿論、紅スズメや銀
鳥(?)、うずら等、数種類の鳥が約20羽居ま
した^^;;   そこへ迷子の文鳥がやって来て、
近づいたら手乗りだった!というのが、私と文
鳥の出会い。
結局、その迷子文鳥の飼い主さんは解らずじ
まいでしたが、ちょくちょく庭に脱出して鳥小屋
の金網にしがみついていた姿が記憶に残って
ます^^   あの頃から餌やり担当だったな~。
2007/02/26(月) 08:44:35 | URL | たまてん #-[ 編集]
すぴちゃん・・
もしかしてこのデカブンチョちゃんとのツーショットの時ちょっと足に力入り気味ですかv-361v-415
同じ白ブンチョちゃんでもお顔とかラインとか違いますねぇv-341
喜んでいただけて嬉しかったですv-344
弥富・・良い所ですよv-407またあのブンチョ農家のおじちゃんのところに遊びに行きたくなっちゃいますv-521案内しちゃいますよv-448
2007/02/26(月) 20:53:48 | URL | AKKO #-[ 編集]
きゃー!何て素敵な表紙!!
こんな本がもし本屋さんで売ってたら
値段を見ずに買いそうです。
文鳥さんは組合があるんですね!いいなあ!オーストラリアにはオカメ組合とかあるのかなあ?野生だからなさそうだなあ(^0^;)


2007/02/28(水) 00:32:04 | URL | きしかん #-[ 編集]
>たまてんさん

小さな頃から鳥に慣れ親しんでおられたのですね~。
迷子のブンチョは仲間がいると思って近づいて
きたのかしら…。
実家の近くにもそういう鳥小屋があるおうちがあって、
よくこっそり見に行きました(笑)


>AKKOさん

すぴのへっぴり腰がばれてしまいましたか?(笑)
でも、こういう薄い冊子をカミカミするのが大好きなので
近寄っていったみたいです。
弥富のブンチョ農家の見学をさせてもらったのは
貴重でしたね~。私が弥富に行く時はぜひお願いしまーすv-22


>きしかんさん

素敵な表紙ですよね~(うっとり~v-9
次はオカメインコが取り上げられるといいですね。
そしたらオカメさんのどどどアップが表紙に…(笑)
弥富は生産農家が減っているそうで心配です。
もっと市場に出て欲しいですが…。
2007/02/28(水) 03:01:03 | URL | aki(管理人) #k37IMsc6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。