スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
換羽も終盤です
spc0058.jpg

すぴの雛換羽はあとほっぺたを残すのみ。
羽もほとんど抜けなくなった。
もう次の換羽までは見た目の大きな変化はないだろう。
よく見ると、皮膚に近い所には灰色の雛毛が
まだ残っているみたいだけど、新しく生えてきた
白い長い羽で表面を覆われて、見た目はほぼ白文鳥だ。

雛の頃はグレーのお皿を載っけたような、
逆ザビエルだった頭も、濃いグレーの羽が2枚
見えるのみとなった。小さなスイカの種がちょんちょんと
ついてるみたいでかわいい。
現在のすぴのトレードマークだ。
あと、風切羽の一番外側にやはり濃いグレーの羽が2枚。
これがなくなって全身白になると、他の白文鳥と
見分けがつかなくなってしまうなー。

いや、前の飼い鳥も白文鳥だったけれど、
これだけ思い入れがあれば、絶対に他の鳥と見分けが
つくはず!と思っていたのである。
当時そう信じてペットショップに冷やかしに
乗り込んだのだが、実際のところ短時間見ただけでは
判別できないことがわかった。
全部の白文鳥がうちの鳥に見えてかわいい…。

おっとも、PCのデスクトップに貼っておいた
よその白文鳥の写真を見て「あれ、こんなの撮ってたの?」と
すぴと間違えたことがある。

もちろん、ちゃんと遊んだりすればわかるだろうけど。
すぴも、全身が白くなっても、前の白文鳥とでは
きっと印象が全然違うだろう。
比べるのが楽しみです。
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。