スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手乗りか、荒鳥か
spc0031.jpg

手乗りにならなければ、文鳥を飼う意味は全く違う物になってくる。
もちろんたとえ手乗りにならなくても、ちゃんと飼うつもりではいるけど、
やっぱり手乗りがいいよ~~(泣)。

ここ数日が勝負と、私は手からむき餌や青菜を与えたり、
やさしく話かけたり、粟穂で遊んだり、
一日中スピカと向き合っていた。
やがて、手の中でおなかをぺったりつけて寝てくれて、
頭をなでる指にうっとりと目を閉じてくれたとき、
「これで大丈夫かもしれない」と、心底ほっとした。

その後も、時にはやけに指を避けたり、
驚いて飛び回ったりということもあったけれど、
だんだんと距離が縮まってきた。

しかし構い過ぎたために、その後すっかり人間に依存し、
かつわがままな鳥になってしまった。
しかたないことではあったけど。
(それでもかわいいすぴちゃんではある。)

10月下旬頃のお話でした。
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。