スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腹ペコすぴ
spc0055.jpg

タオル巻き作戦、多少効果はあるようだ。
首もとに飛びつく回数がかなり減った。
ただ、飛びつくとタオルの上部に留まるので、
顔にぶつかってくるし興奮した状態で超接近してコワイ。

今日は私の体調があんまり良くなくて、午後は横になっていた。
すぴもつられてケージの中で昼寝したり、ぐぜったり。
夕方になって私が夕飯の支度に台所に立っても、
ずっと自分の世界に入ってぐぜっていた。
今までは私が視界から消えるとずーーーと
「ピャ!ピャ!ピャ!」と呼びかけ続けていたので、
「あ、大人になって落ち着いてきたのかなー」と思っていたのだが…。

いつもより早い夕食を取り、その後放鳥させようと
ケージの入り口を開けたのだが、なかなか自分で
外に出てこない。しばらく放って置いたが出てこないので、
ケージに指を入れてみても反応が鈍い。
餌入れを指でつついても反応なし。
あれ、そう言えばずっと餌食べてないんじゃない?
餌入れを見ると、あまり減っていない。
まさか、どこか具合が悪いのかな。
見た感じでは変化はないけど…。

なんだか心配になってきた。
指に乗せて外に出し、「すぴ?どうしたの?」
と呼びかけても、クチバシを指で軽くつまんでも、
どこを見るともなしに時々小さな声で
「プルルル…ピャッ」などとぐぜるだけ。
だんだん、餌を食べていないということが怖くなり、
ケージから餌入れをはずしてすぴの目の前に持ってきてやった。
すると、すーっとクチバシを下げて一口食べ、二口食べ…。
そのままケージに入れて餌入れをセットしてやると、
だんだん食べる勢いがついてきて、がっつき始めた。
ああ良かった…具合が悪いんじゃなかったんだ。
でも同時に、やっぱりあんなに長い時間食べていなかったのか!と驚く。

その後は長い間餌をがっついた後、
元気良く遊び、昨日同様寝かせるのに手こずった。

文鳥の「自分の世界に入った状態」というのが、
前飼い鳥の時から気になっていた。
これについてはまた後日。
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。