スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エリンギとシクラメン
spc0048.jpg

「最近、エリンギに似てない?」と評判(私たちに)のすぴである。

羽の白さと共に、クチバシの赤みも増してきた今日この頃。
雛の頃は少し調子が悪かったので、クチバシの色が
薄いピンクだったのが貧血のためではないかと心配した。
以前飼っていた鳥の雛の時期のことを思い出そうとしたが、
あまりに遠い昔で思い出せなかった…。
忘れてるつもりはなかったのにー。15年くらい前だからなぁ。
(結局そのピンクは雛だったからのようです。)

現在のすぴのクチバシはシクラメンの花のような
透明感のある赤色がほんとにきれい。
で、根元から端にかけてグラデーションになっている。
もう少し大人になると、クチバシの艶もあって
ギラギラした濃い赤になっちゃうのですよね。
それが文鳥の魅力だと言う方も多いでしょうが、
白文鳥だとちょっとコントラストが強い気がするので、
私は今くらいの感じが好きだな~。

期間限定の赤。よーく覚えておこう。
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。