スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブランコとすぴ・2
spc0039.jpg

最近のすぴの歌は「ピポポポポチーヨチーヨチーーヨ」
というフレーズが多くなってきている。
頭に「クピポ」がつくこともある。ガッちゃんかい。

ところでブランコであるが、すっかりすぴの定位置と
なったようである。最初にケージに入れたときは恐怖で
パニックに陥っていたのに、今や放鳥時間に大きな音などで
驚いて飛んでいくのはブランコのところ。
(ケージの中にはダイレクトに入れないので、
外側の近いところに留まる。)

だが昨日の日記に書いた以外に不可解な行動はまだある。
わが家のブランコは止まり木とブランコが少し重なる位置に
置いてあるのだが、(離して置いたら、止まり木に降りた時、
ブランコに後頭部をどつかれる状態になるため)
なぜかわざわざブランコの下に入って、ちょっとうつむき加減で
たそがれた表情になるのである。眠っているかのように
動かないのだが、目はとろーんとしつつも開いている。
時にはちょうどブランコの端がすぴの肩の上に来て、
その状態でじっとしているのである。
一見肩たたきにあったサラリーマンのようだ。

しかしいつまでもその状態ではない。
突然はっとなにかに気づいたように頭を上げ、
いきなりブランコを「クルルル!」と言いながら
激しくつつくのである。
…自分でやってたんじゃないかぁ~。
わからん。ヤツの考えがわからん。
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。