スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブランコとすぴ
spc0036.jpg

年末にやっていた「ガキ使い」特番のビデオを観た。
トリの正面顔に弱い私は「ジュウシマツ住職」がツボに
入って大笑いしてしまった。
「しっこくしっこく」の方が一般受けしそうですけど。

さて、すぴはよく自分でブランコをつついて揺らしておいて、
それに激怒して「クルルルルル!」と威嚇し、
ガンガンつつくというナゾな行動をします。
その様子があんまり長いこと続くと「こら!だめでしょ」と
たしなめるのだが、そうするとすぐ威嚇行動をやめて、
こちらを見ながら口調を変えてか細い声で
「ピピ、ピ…」と鳴くのです。

「だってこいつが揺れるんだもん。僕は悪くないんだもん。
ブツブツブツ…」と、おっとがアテレコしてくれましたが、
本当にそんな感じで言い訳しているように見えます。
でも、目を離すとすぐにまたやってる。
私は、ストレスの発散にもなってるんじゃないかと思うのだが、
おっとは気性が荒い鳥になるのではないかと心配している。
でも、もともと文鳥って気の荒い(強い)鳥だからなー。
しかたがないかも。
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。