スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒナ顔
PCのデスクトップの絵をネットからひろってきた
文鳥の写真にしている。真っ白な羽が美しい白文鳥で、
眠いのか目を閉じたまま全身を丸くふくらませていて
「生きた大福」という呼び名がぴったりだ。

でも、おっとはどうもその写真が気に入らないようだ。
ひとつにはすぴの写真じゃないこと。
それから、正面から見た顔がふくらみすぎて
下ぶくれになっているのが許せないらしい。
「なんか外国の映画にこういう顔の警官が出てくるじゃん。
白人でふとっててヒゲがはえててさー。なんかやだ。」
…ああ、おなかがたぷんたぷんで、勤務中にすっごいでかい
ピザ食べてて、悪役にすぐ殺されちゃうヤツね。
なんとなくイメージはわかるが。

「文鳥は大人になったらみんなこんな顔だよー。
すぴだって来年の今頃はほっぺたもちもちだよ。
こんなに顔がしゅっとしてかわいいのは今だけ!
今だけなんだからね!」
と、何度も念を押しておいた。
でも自分で言ってはみたが、このヒナ顔は貴重だなー。
(馬蹄班はもう消えてしまったが…)
今のうちにいっぱい写真を撮っておかなければ。

おっとは懲りずに「ダイエットするか?」と
すぴに話しかけている。
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。