スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悩み多きスキンシップ
spc0033.jpg

いろいろな物に興味を持つ年頃のすぴ。
気になるありとあらゆるものにかじりつき、
納得いくまで具合を確かめている。
そんなすぴが、人間に興味を持たないはずがない。
特にささくれに対する執着心はものすごく、
一度噛んだら剥ききるまで放さない。
これは地味に痛い。

飼い始めた最初の頃から頭にひょいっと乗っかってきて、
髪の毛をかじっていた。(巣材として興味を持っていたのかな?)
前飼鳥ビーはけっして頭に乗ることはなく、
髪の毛にも興味を示さなかった。
(髪の毛をしばっているゴムにはご執心だったが)
だから文鳥とはそういうものだと思っていたのだが、
どうも全部がそうではないようだ。
頭の上にフンをされるのは避けたいので、
クセにならないようにとすぐ降ろしていたのだが、
頭部への興味はなくならないばかりか、
この頃エスカレートして、耳たぶをかじったり、
耳の穴にクチバシをつっこんだり、あろうことか飛び込もうと
するのであった。(すぴ、それは無理だよ…。)
この分では口やハナの穴に来るのも近い。
そして目だけは絶対に防御しなければならない。
「ダメ」と言っても無駄だろうから、用心するしかない。

とは言え、顔をつつかれて本当に痛いときは「痛!」と
大声を出して、しばらくそばに寄らせないようにしている。
すると、すぴは「ピャッ!ピャッ!」と「呼びかけ声」を発しながらも、
すぐに私のところには来ず、周りにある物をどうでもいい感じで
つついて回ったり、手に乗ってきても私に背を向けていたりする。
ちょっとは悪いと思っているのだろうか。

もし文鳥が一生のうち3つの質問にだけ答えてくれるとしたら、
そのうちの一つには必ず入れたい。
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。