スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まるすぴ
spc0032.jpg

このところ、朝起こすたびに「なんか丸くなってない?」と
評判の(わたしらに)、すぴである。
大人の羽が伸びてきて、羽の層が厚くなってきているのである。
以前はしゅるっとしたシルエットだったのに、今はぷくっと
アザラシっぽい。
色から言ってもゴマちゃんそっくりである。

飼い始めてからほんの2か月で、
ぼさっとした感じの体表がつるつるになり、
尾羽の本数も増え、
くちばしやアイリングは徐々に色濃くなり、
馬蹄班もほぼなくなり、
ほっぺたがぷくっとし始めて正面顔がオカメっぽくなってきた。
おなかもむちむちとうまそうである。

後から生えてきた白い羽のせいで雛毛の灰色が押されて、
際だって見える。ああ、この貴重な雛毛も今のうち。
来年の夏には、換羽が終わって真っ白な成鳥になっているのだろう。
もっともすぴはもともと灰色が濃いので、
アニファのグラビアに出てくるような、
羽が一枚残らず真っ白な美鳥にはならないだろうけど。
全身真っ白な鳥は、雛の頃から白っぽいということ
なので、飼い主さんはそういうのを選んだのかな?
…うちの選択基準は「元気」のみだったからなー。
(でも風邪ひいていたが…。)

ビーも灰色が残った鳥だったので、真っ白な鳥にも
ちょっと憧れるな~。と言ったらおっとは、
「灰色かわいいじゃん。このままでいいのに。」
と言っていた。
まあね、健康ならなんでもいいんだけど~。
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。