スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文鳥の美醜
昨日、ウタさんと話した話題。
ウタさんはブサイクな文鳥が気になるらしい(笑)。
で、いろんなサイトを例に挙げて
「あそこの鳥は美鳥、あそこのは不細工」と教えてもらうのだが、
どーも私は不細工がピンとこない…。
「美鳥」の方はわかるんですけども。(みんくるちゃんは美鳥)

で、ウタさんの考える美鳥の基準は、
・顔の造作
・均整のとれたフォルム
・羽の模様は関係なし(ただし白はそれだけで美しいらしい)
・生命力・健康美
なのだそうです。なるほどー。
私は造作が悪くても盲目的になんでもかわいく思えてしまって
見分けがつかないのです。
(不細工だから悪いってことではないです、ウタさん曰く。)

ちなみに客観的に見てすぴの顔の造作はあんまり美鳥の部類でな(以下略)。
でも、超かわいいからいいんだよね~。ね~。
(つか、昨日のイベントから帰ってから自分の飼い主バカ度が
上がっているのを感じるんですけど…。
なんかのパワーをもらってきたらしいですよ。)
関連記事

テーマ:文鳥好き集まれ! - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。