スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すぴ、診察を受ける
まずは身体検査だった。
保定されたまま片羽づつなめらかな動きで羽を広げられる様は
家では見たことが無く、その鳥がすぴではないような錯覚を覚えた。
お腹、おしり、そのう、耳など一通り見て異常はないようだった。

鳥の検査の基本はやはり体に負担のかからない糞便検査。
負担がかかるかもしれないが、調べてもらおうと覚悟してきたそのう検査。
そして待合室でお知らせを見て、値段の高さにびっくりしたクラミジア検査。
とにかく一通り診てもらいたいと、お願いした。

その結果。(自分用メモ)

・体重は22g。普通なのでこれをキープとのこと。
・少し骨格が細め。
・フンは腸内環境が少し乱れ気味だが一応合格。
・そのう液は合格。
・右の鼻が少しつまりかけている。ちょっと風邪気味。
・クラミジアの結果は、後日。

そして、飼育環境について時間をかけて指導して頂いた。

重大な病気は(結果待ちのクラミジア以外は)ないが、
少し風邪気味ということだった。
今回のところは薬は処方されず、
栄養剤とビタミン剤を与えることになった。
くしゃみが頻繁になったり、鼻水で顔が汚れるようになってきたら、
また来て下さいとのことだった。

少し風邪気味…微妙。
関連記事

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。