スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すぴ in つぼ巣・3
すぴは大変怖がりで慎重な性格のため、
見た事のないもの(素材)には心を許さないが、
すべての文鳥がそういうわけではなく、
やはり性格によるものが大きいようだ。

前飼い鳥のビーが鏡付きブランコに出会ったのは
3歳くらいの時だったが、3日ほど警戒したけれど
その後はベッタリ。鏡の中の自分に愛のダンスを捧げ続けた。
ビーだったら止まり木にも箱巣にもすぐに興味を
示して遊び場にしていただろう。
ビーとすぴ、どちらの性格の子が多いのかな。

さて、すぴ vs つぼ巣。
やはりというかなんというか、
狭くて暗い所には発情している時ほど心ひかれるようだ。
換羽の時期になると見向きもしなくなるので、
その時期は避けて徐々につぼ巣に慣らしていった。

8月の中旬から始まった換羽が先日終わり、
再び放鳥中につぼ巣を出すようにしてみたところ、
前より大胆に中に入るようになった。

spc0529.jpg
なにかを思い出しかけているすぴ(かも)

あ~…そういえば昔、こんな風につぼ巣に入って
いた頃は、まだ背中にグレーの羽がいっぱいあって、
アイリングの色も薄くて、クチバシも可愛いピンクで、
いつもクルクル怒ってて、なにするかわからないから
目が離せなくて…って、

私が遠い過去の記憶を取り戻してどうする。



しつこくつづく。


にほんブログ村 鳥ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

すぴ in つぼ巣・2
つぼ巣に慣れさせようと思ったのは将来的なものも
あるのだが、放鳥時の「居場所」を作ってあげたいと
思ったのもある。
なんとなく私の中では、文鳥は放鳥するとまっ先に
自分のお気に入りスペースに飛んで行き、
そこでまったりくつろぎ、気が向くと飼い主に
ちょっかいを出しにくる…
というようなイメージがあるのだ。

そのような場所として、止まり木のジュディを導入したのだが、

spc0456.jpg
ハロー、ジュディです

こちらはかなりお気に入りにはなったものの、
ずっとその場でじっとすると言うよりは

・フンばる場所
・ダンススポット
・ケージなどに長距離飛行する時の離陸場

として使われていて、あまり「居場所」という感じでは
なかったのだ。確かに考えてみれば、部屋のど真ん中で
まわりに覆うものもないため文鳥的に落ち着く感じでは
ないのかもしれない。
ジュディ以前に「箱巣」を与えていたが、
結局すぴの興味をひくことはなく…。
そこで「つぼ巣」を採用したのであった。

「編み込みタイプのつぼ巣」に一向に慣れないすぴ。
根負けした私は新しいつぼ巣を購入した。
こちらは最初の日から好感触。
指でつんつんとつついてやると、興味ありげに接近。
しばらくするとつぼ巣のふちに乗っかり、
中をジーッと見つめるまでになった。
そして指の誘導であっさりつぼ巣の中に。

spc0515.jpg
右見て

spc0516.jpg
左見て


(すぴ映像が出てこない場合は、
■ボタンを押してから▲ボタンを押してみてください。)

↑特にオチのない動画です

体を全部入れるのは怖いけれど、奥は気になるようです。
すごいっ。短期間でも小さい頃に触れてたものは
反応が違うわ~。


つづく。


にほんブログ村 鳥ブログへ

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

すぴ in つぼ巣・1
およそ7ヶ月前、今年の2月に私は考えた。

すぴは今年3歳。寒さに弱いのは相変わらず…。
これから先もっとおじいさんになって、さらに保温が
必要になった時のことを考えると、
つぼ巣を復活させた方が良いのかも…と考え、
放鳥時間に慣れさせておく事にした。

実はすぴは生後数ヶ月、つぼ巣で寝ていたことがあるのだ。
けれど鳥のお医者さんに使わないようにと言われ、
撤去した過去がある。
果たしてすぴは遠い過去の記憶を
取り戻す事ができるのか…!?


spc0528.jpg
なんだろう…(ドキドキ)

ネットでつぼ巣を調べると、
「編み込み式で小鳥に優しい」という
タイプのものがあったので、それを購入すると…。

spc0527.jpg
トーベヤンソンの漫画に出てくるもじゃもじゃの奴みたいだ

う、う~ん…普通のつぼ巣と見た目がかなり違うぞ…!
目ざといヤツがこの違いに気付かないわけがないな~と
思いつつご披露してみたのだが、やはりしっかり
警戒されてしまった。
なんとかビクビクしながら中の暗がりを覗いたり、
外側をツンツンつついたりするくらいにはなったのだが…。
(緊張が張りつめているため、写真は撮れませんでした)

3ヶ月程待ってみたが、結局正しい使い方を
するに至らず…さて、どうしよう。


つづく。

にほんブログ村 鳥ブログへ

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

3歳です、おめでとう
今日はすぴの「ほぼ誕生日」
(更新が翌日になってしまいましたが…)
3歳を迎える事ができました。おめでとおめでと~

恒例の体重測定は…

spc0524.jpg
今年も変わらず

そして、ハチミツ水でお祝いです。

spc0525.jpg
コクコクコク

この一年はしっかり保温をしたせいか、
良くないフンや嘔吐動作などをすることが
今までより少なかったように思います。
しかし慢性換羽は相変わらず。
印象としてはこれまでよりおとなしくなったように感じます。
体力が落ちたからなのか、情緒的に落ち着いたのか、
どちらかちょっとわからない感じ。

手の中でなでられる事は、日々の習慣になったようで、
うっかりなで忘れたままでいるとケージに「帰宅拒否」をして
「キョ!キョ!」と抗議されるまでになりました。
なでられている時は溶けたモチのようです。

相変わらずさかむけも大好きです。

spc0526.jpg
さかむけ剥きはオレのライフワーク

すぴは人間だとするとそろそろ不惑の40歳。
いつの間にか越されてしまったなあ。
これからは味のあるブンチョを目指して欲しいです



にほんブログ村 鳥ブログへ

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

健康診断の日・4
診察を終え、おっとを呼び出して車で帰宅。

病院から帰るといつも部屋の空気が
やけになつかしく感じる。
竹かごの扉を開けると飛び出してきたすぴ。
中で何度も暴れたため、クチバシが削れて白い粉が
たくさんついてしまった。
今回は外出中に餌や水を口にした様子はないようだ。
ケージまで連れて行ってやると素直に入り、
馴染みのブランコに飛び乗った。

spc0517.jpg
水を飲んで少し落ち着いたすぴ

クチバシを何度も止まり木にこすりつけると
あっという間に眠気におそわれた。

spc0518.jpg
眠りに落ちてゆくすぴ

40分程経つと目が覚めたようで、
「ピュ~~~イ~~~~~♪」とひと鳴き。
そして餌をついばみ始めた。私もほっと一息。
前回はさえずりが出るまで2時間くらいかかったので、
やはり電車より車の方が疲れかたが軽いようだ。
(ありがとう、おっと!)

今回は、前回に続いて見た目にも糞便検査の結果にも
問題がなく、ひとまず安心。
…と思っていたら、その日の夜の放鳥で久しぶりに
嘔吐動作+くしゃみが出てしまった。
(季節の変わり目なのでそろそろくるかなー
とは思っていたのだが…)
今日はいろいろと疲れたのだろう…と30分ほど
早めに寝かせた。
みなさんお疲れさまでした。
(長文におつき合い下さったみなさまも!)


にほんブログ村 鳥ブログへ

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

健康診断の日・3
つづき。

気になっていた換羽について相談してみる。
換羽というのは羽が抜け、筆毛が開くまでの期間を言うそうだ。
私は今まで羽が抜けなくなって筆毛が生えたら
換羽が終了だと思っていた。(そのころには体調も良くなるため)
それを考えるとすぴは換羽でない時期がとても短い。
私の把握している状況だけでははっきりしなかったが、
やはりずっと換羽が続いている状態かもしれないらしい。
すぴは寒さに弱く、一年中27~30度にしていることを
話すと、それも換羽が続く原因のひとつかも
しれないとのこと。
換羽はいろいろな要因で起こるものらしいので、
原因が特定されにくい。(内蔵の病気の可能性もある)
また、「尾羽のぶっちぎり」が羽が抜ける時期の
少し前から現れることを話すと、それはホルモンの
影響の可能性もあるかもしれないとのことだった。
つまりホルモンの乱れで換羽が長く続いているのかも。

換羽がずっと続くのは体に負担だし、できれば正常に
したいのだが、おおいに原因となりうると言われた保温は
それをやめるとフンの具合が悪くなり、体がふくらんで
体調が悪くなってしまう…となると保温をやめて
温度が原因かどうかを確かめることはできない。

当面、換羽の状態を正確に把握することと、
栄養面で原因がないか(ちゃんとペレットを食べているか)
を調べて様子をみる事にした。


つづく。


にほんブログ村 鳥ブログへ

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

インターバル
病院の話は長くなるので、今日はひとやすみ。
広告の紙と手のひらの隙間に収まってうっとり
しているすぴです。

spc0521.jpg
落ち着くなあ

指のまたをクチバシでカミカミするので、
「痛いでしょ、すぴ」とたしなめると…。

spc0520.jpg


spc0522.jpg
シャアア!

spc0523.jpg
ごきげんななめ(顔もななめ)

そんなに怒らなくてもいいと思うの。


にほんブログ村 鳥ブログへ

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

健康診断の日・2
病院につくと、今日の診療が始まるところだった。
しばらく待ち合いで待つ。
先に診察を受けているインコが保定されて
「キャ~~~ァ!」(なにすんだ~!)
と声をあげ、待ち合いのインコたちが
「キャ!」「キィ!」(どうした!大丈夫か!)
と反応する。バッグの中にいるので見えないけれど
やっぱり患鳥はインコの方が多いのかな。
そっとすぴの様子を見ると、ようやく止まり木に
止まれるようになったようだ。
そしてやや細身でおとなしくしている。

40分程経って、順番が来た。
今日はそのう検査はしないつもりなので、ずいぶん気が楽だ。
これまで嘔吐で受診し、そのう検査を何度か受けたこともあるが
特に問題は見られなかった。今回も換羽ではあるものの、
体調が悪いわけではないので、負担のかかる
(先生には「そうでもないですよ」と言われたが…)
そのう検査は避けることにした。

先生は竹かごの中に右手を入れ、ガッとすぴをつかむ。
変な体勢のため綿のかたまりに足がついたみたいに
なっちゃったすぴ。
先生は左手で掴み直し、保定する。
最近のすぴの状態を聞きながら、羽やおちり、皮脂腺など
全身を視診・触診する先生。見た目には特に問題はないようだ。
そして診察用のケージにすぴを入れ、糞便検査。
これも問題なしと言われる。(わーいわーい)


つづく。


にほんブログ村 鳥ブログへ

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

健康診断の日・1
今日はペレットを購入するため、健康診断を兼ねて病院へ。
(すぴは処方が必要なペレットしか食べないのだー!)
前回はおっとに行きだけ車で送ってもらい、帰りはバスと
電車だったのだが、かなりストレスがかかってしまった
ようだったので、今回は無理言って送り迎えを
お願いする事にした。

早朝に起き私だけ一度病院に行って受付、すぐに帰って
竹かごに、なにかを察知して逃げ惑うすぴを入れ
(これがまた大変なのだ)、「今日はがんばろうね~」と
声をかけて出発。
家から出ると、竹かごの中でめずらしく「ピャ、ピャ」と
鳴いた。外気の中で普段聞く事のないすぴの声を
聞くと嬉しいような怖いような不思議な気持ちだ。

車の中で竹かごを覗くと、止まり木にも止まれず
底で細くなってそりかえったようなポーズをしている。
ブンチョの得意技、顔をちょっと傾け
目線を合わせてなにかを訴えるような風。
『あああああ今すぐ帰りてええええええ!』
という気持ちを抑え、「大丈夫だよ~」と平気なふりで
声をかけるのだった。

spc0519.jpg
天気は微妙


つづく。

にほんブログ村 鳥ブログへ

テーマ:小鳥大好き - ジャンル:ペット

お久しぶりです
久しぶりの更新になってしまいました
ご心配頂いた方もいらして、すみませんでした

すぴは、また大きな換羽を迎えてしまい、
トゲトゲになってしまいましたが、そろそろ終わりそうです。

spc0513.jpg
トゲトゲ見える?

spc0514.jpg
しっぽもそろってなくてごめんね

すっかり換羽の前兆が把握できるようになってしまいました。
(これについては後日くわしく!)

これからまたマイペースな更新をしていこうと
思っています~。



にほんブログ村 鳥ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。